人気がある求人情報は、難易度が高く倍率も高くなるとことが考えられます。また、人気の高い企業は、それなりの福利厚生などもあるので求人募集の中でも倍率が高くなるようです。求人情報で自分に合った企業を選びましょう。

新聞配達の求人で求められる人材とは

新聞配達の仕事は、ただ新聞を配達するだけではありません。朝の3時くらいに起きて出勤し、まずやることはチラシの折り込みです。家に届いた新聞には、すでにチラシが折り込まれていますが、最初から新聞に入っているわけではなく、配達員が手作業で折り込みをしています。配達自体は早ければ2時間程度で終わりますが、このチラシの折り込みで、15分くらいはとられるようです。雨が降っているときには、ビニールをかぶせるという作業も行わなければならないので、さらに時間がとられます。

アルバイトなら、朝刊の配達だけをやるということも認められますが、正社員の人や契約社員の人は、夕刊の配達、集金、営業なども行わなければなりません。

さて、新聞配達スタッフの求人で求められる人材は、自己管理ができる人というのがまずあげられるでしょう。朝の3時くらいに起きて仕事をしなければならないので、健康管理と時間の管理は重要です。前日にお酒を飲んでいて、起きたのが朝の5時くらいでは、配達に間に合いません。お客さんから「新聞が入っていない」と苦情が殺到してしまうでしょう。1人で200~300くらいの部数を配るので、それだけたくさんの家から苦情が来たら、大事になってしまいます。病気などの場合には仕方がありませんが、その場合でも他のスタッフが多めに配ったり、店長などが代わりに配達に出ることになるので、迷惑をかけてしまいます。

お客さんの中には、新聞が届くのを自宅の前で待っている人もいます。お客さんと出会ったら、ポストに投稿するのではなく、手渡しをするのが基本です。その時に元気よく挨拶をして、よい印象をもたれるようにしておかなければ、契約を切られてしまうかもしれません。サービス業なので、相手への気配りなども重要になります。