人気がある求人情報は、難易度が高く倍率も高くなるとことが考えられます。また、人気の高い企業は、それなりの福利厚生などもあるので求人募集の中でも倍率が高くなるようです。求人情報で自分に合った企業を選びましょう。

求人はライフスタイルと時給を考えて

求人に応募するときは、ライフスタイルと時給を考えておきましょう。たとえアルバイトでも、途中で辞めたら迷惑がかかることがあります。また、時間は有限であり、1つの仕事をしている間は別の仕事ができませんので、慎重に仕事を選びましょう。

派遣やアルバイトの人は、時給制になっていることが多いので、まずは基本給を計算してみましょう。時給が1000円で、1日の労働時間が8時間なら、日給は8000円です。月に20日働くなら、月収は16万円です。それに手当てが上乗せされることもあります。

もしも、時給が1000円なのに、月収例が30万円などとなっている仕事があったら、注意しておきましょう。残業や、休日出勤がたくさんあるということが予想できます。あるいは、夜勤の仕事なのかもしれません。夜勤の仕事をすると、ライフスタイルに大きく影響するので、よく考えて働きましょう。夜勤の仕事は給料が良いですが、安易に飛びつくべきではありません。

家賃が10万円なのに、月収が16万円しかなかったら、生活には困ります。貯金があるという場合でも、いずれは辞めなければならないでしょう。せっかく気に入った仕事であっても、お金の都合で辞めなければならないのは残念です。求人に応募するときは、その給料で生活ができて、さらに貯金ができるというところまで計算をしておきましょう。

給料を計算するときは、税金についても考えておきましょう。所得税、住民税、社会保険料などで、結構ひかれてしまいます。働く前から税金などを正確に計算することは難しいので、だいたいの金額を計算して、少し多めの金額を考えておくとよいでしょう。社会保険に加入しない場合には、自分で国民健康保険、国民年金のお金を支払わなければなりません。