人気がある求人情報は、難易度が高く倍率も高くなるとことが考えられます。また、人気の高い企業は、それなりの福利厚生などもあるので求人募集の中でも倍率が高くなるようです。求人情報で自分に合った企業を選びましょう。

職業と求人から見分けるブラック企業の特徴

ブラック企業という言葉をよく聞きますが、そもそもどのような企業をブラック企業と呼ぶのでしょうか。ここではブラック企業の簡単な定義を考えると共に、職業と求人という観点から考えてみたいと思います。
そもそもブラック企業とはどのような企業を指すのでしょうか。厳密には労働者が過酷な環境下に置かれる企業を指し、具体的には法律で定められた労働基準を守らずに労働者の心身を痛める企業の事を指します。より広範で一般的な定義では過酷なノルマや人員の入れ替えの激しい社内体質、異常な社内行事などが横行する企業をブラック企業と呼びます。
それではどのような職業にブラック企業が多いのでしょうか。よく言われるのはSE、トラベル関連、保険会社、冠婚葬祭関連、飲食業、教育などの業種にブラックが多いと言われています。労働基準の適法性なら他の業種も疑問の残る企業が多いのですが、上記の業種はそれぞれノルマや納期の厳しさが他の職業より厳しいことが多く、人員の入れ替えが激しいため企業、業界の体質として違法なことが多いと言われています。また、給与面でも難しいノルマが達成できれば一般的な企業よりも高くなるのですが、その条件が難しいことが多いです。
ブラック企業はその体質上キャリアを重ねた中間管理職が少なくなる傾向があり、また入れ替えが多いため社内で育成する環境がありません。結果的に労働の質そのものが低下しビジネスモデル自体が人海戦術と選別で対応するようになります。求人もそのような体質を反映して以下のような文言が多く出るようになります。
・未経験者歓迎
・給料は頑張り次第
入れ替えが多く評判も良くないため、未経験者を歓迎せざるを得なくなり、歩合の割合が強くなるため給料は確かに頑張り次第となります。上記のような経験に見合わない給与であったり、業務内容に疑問を感じる時はホームページやWEBで確認をしてから応募することを勧めます。